太ももを細くしたいなら足のトラブル診断を自分でチェック!

太ももを細くしたいなら足のトラブル診断を自分でチェック!

足の状態というのはその人の健康状態を
あらわしています。自分自身の足が一体
どのような状態にあるのかということを
把握してみましょう。

 

足の冷えや乾燥が気になるという場合は
自律神経すなわち交感神経と副交感神経
のバランスが悪化しており、さまざまな
不快な症状で悩まされます。

 

また靴下を脱いだときにゴムの後がくっきり
残ったり、網タイツの網の模様が肌に
残る場合は、リンパ液の流れが悪化している
ことが原因であり、体内の老廃物がスムーズ
にデトックスできていない可能性が高いです。

 

足の爪というのも重要なチェックポイントです。
爪が伸びるのが異常に遅いという場合は、タン
パク質などの栄養素が爪を生成する細胞に
いきわたっていない可能性があります。

 

さらに爪に縦のしわが入っていたりする場合
は冷え性を患っていることもあります。

 

また爪の色が悪く、紫がかっているという
ケースは内臓の疾患が原因であることも
あります。

 

そして足の形やアーチが正常であるかどうか
もチェックしましょう。足の骨格がしっかり
機能していれば3つのアーチがきちんと確認
できるはずです。

 

また足の指先が曲がっていないかどうか、
指5本がすべて自由自在に動かすことができる
かということもチェックしましょう。これは

 

指がくの字に曲がっていたり、自由に動かない
という場合は歩行障害をともなうことがあり
ます。

 

現在の足が健康な足であるかどうかを
大雑把に把握するには、足にタコや魚の目が
あるかどうかチェックしてみましょう。

 

もしできている場合は、足が崩れているという
可能性が高いです。

 

そしてつま先の形を把握しておくということも
大切です。

 

親指がもっとも長いという場合は、外反母趾
になりやすいと言えます。

 

人差し指がもっとも長い場合は、ハンマートウ
になりやすいです。

 

全ての指がほぼ同じ長さであるという場合は
タコや魚の目ができやすいタイプです。

 

このようにつま先の形というのは人それぞれ
ですので靴を選ぶ場合にできるだけ自分のつま
先の形状に近いものを選択するようにしましょう。

 

靴を試着する場合は足の親指が靴に当たって
痛くなければそれでよしと考える人が多い
ようですが、つま先には若干のゆとりがある
ほうがよいです。

 

しっかりと靴を選定すれば、きっと足のトラブル
は生じることなく、足痩せを達成して美脚が手に
入るでしょう。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ